歯科が用いる麻酔で痛みはない

歯科で治療をしてもらう際、心配になるものの一つが痛みです。漫画やテレビドラマといったフィクションでは、治療の際、痛みが強くて登場人物が悲鳴を上げるというシーンが出てきますが、実際のところはどうなのでしょうか。まず、歯科ではそのままだと強い痛みが発生する治療を行う場合、必ず麻酔をします。なので、歯に穴を開けられようが、抜歯されようが、痛くなることはほとんどありません。ぐいぐいと押されたり、穴を開けられているという感覚だけはあるかもしれませんが、痛みはほとんど含まれないのです。では、体質的に麻酔が効きにくいという場合はどうでしょうか。こうした人は少なからず存在しますが、歯科医にその事実を告げることで対応が可能です。具体的には通常よりも麻酔を多くするなどして、痛くならないようにします。それでも、治療中に痛くなったらどうしようと心配する人もいるでしょう。この場合、遠慮することなく、医者に「痛いです」と言いましょう。そうすれば必ずなんらかの対応を取ってくれます。痛いと言っているにもかかわらず、なにもしないで治療を続けることはありません。実際に痛くなるかどうかは関係なく、痛くなるかもしれないと考えると恐怖心が湧いて歯医者に行けないという場合は、笑気ガスと呼ばれる、吸うことでリラックスできるガスを治療に使っている歯科を利用するといいでしょう。

↑PAGE TOP

Menu