歯科で使う麻酔と使用法

歯科で使われる麻酔とは

歯科での麻酔の使用法

歯科で虫歯治療や歯を抜く時などは、痛みを抑えるため限られた範囲に効果が現れる局所麻酔を使用します。神経を麻痺させることで、本来なら強い痛みを生じる治療も患者に負担をかけることなくスムーズに行えるようになります。局所麻酔にはいくつかの種類があり、そのうち表面麻酔は注射をする歯茎の表面の感覚を麻痺させ、注射による痛みや刺激を軽くさせます。使用法は表面に塗って使うのが一般的で、全く痛みが無くなるわけではありませんが、注射の針を刺す時の痛みはほとんど感じなく感じなります。痛みを取り除きたい部位に薬液を注射する方法は浸潤麻酔と呼ばれます。歯科でも一般的に行われている方法で、粘膜や歯肉に注射し、骨内に薬を浸透させて神経を麻痺させます。虫歯の治療をはじめ、抜歯や神経の治療、外科手術にも使用します。神経が枝分かれする部分に少量の薬液を注射する使用法の伝達麻酔は、治療をするを中心に広範囲を麻痺させることが可能です。歯科では他の方法では効果が現れにくい、奥歯などの治療をする時に使用されることが多く見られます。部分的に炎症が生じている場合でも使うことができます。使用法としては、親知らずを抜く時や一度に多くの歯の治療を行う必要がある場合、骨の削除や手術時にも用いることができます。

↑PAGE TOP

Menu