麻酔不使用時でも応相談の場合も

歯科の治療が怖いときの奥の手

歯科治療で使う笑気麻酔

子どもが歯科を怖がるというのは当たり前ですが、大人でも怖くて精神的に受診が困難なレベルの人もいます。恐怖症というレベルで、病院の入り口に立っただけで吐き気がしてしまうというほど重症な人もいます。こういう人が虫歯などの大がかりな治療を受けるのは無理のように思えますが、今では痛みを感じずにできる笑気麻酔によって無痛治療ができる歯科もあるので、まずは相談してみるといいでしょう。そういう病院だと大抵、無痛治療を大きく宣伝しているものなので、目につきやすいです。普通の麻酔は注射針で刺して行いますが、笑気麻酔は一酸化二窒素を吸引させて酔っ払ったような感覚で治療を進めていくので、怖さを感じずに治療を受けることが可能です。そもそも扱っていないところでは相談することはできないので、無痛治療を扱っている歯科かどうかを事前にネットや掲示板でチェックしておくといいでしょう。恐怖症の人は相談に行くのだけでも困難かもしれませんが、その場合は誰かに付き添ってもらうのもありです。大人なのに恥ずかしいという気持ちを持つ必要はありません。一度治療を受けてみて慣れてくれば、昔のトラウマが解消されて普通に治療を受けられるようになる可能性もあります。

↑PAGE TOP

Menu